Tuesday, August 11, 2009

Story of Noripi

実に、酒井法子はくノ一だった。

問:本当?
答:ええ、そうだね。法子のお父さんは山口組系の伊豆組酒井組酒井峰吉組長だ。法子は女の子だったから、成員にならなかった。それでは、社会の最低になった。それはくノ一だ。

問:どうしてくノ一になったか?
答:法子の家族の祖先は徳川家の一番の家臣で、酒井忠次だ。だから、酒井家の人々は伊賀の忍法が分かっている。日本の社会で、特に暴力団の中で、女の人は最低になって、嫌な仕事をする。くノ一は一つだ。

問:ノリピは俳優でしょう?
答:俳優は偽だ。くノ一はいろいろな仕事になる。

問:ノリピは忍法が分かるか?
答:ええ、上手に分かって、よく使った。ステイジの上で笑いや歌などで酒井忍法を使って、ステイジの下の人々は法子が好きになった。しかし、日本人は誰か武士の後代だから、くノ一忍法のほうが弱い。中国人は忍法が分からないから、法子が大好きになった。だから、日本のより中国のほうで人気だった。

問:さぁ、くノ一は全身網タイツを着るでしょう。ノリピはいつも黒タイツを着ないね。
答:テレビ番組から見せなかった。何か要るとき、法子は黒い全身タイツを着たら、誰もは法子がどこにいるか分からない。いつも黒い全身タイツを着るから、体もやせているし、肌も白い。

問:ワァ、肌が白くなる秘密だ!すごかった。でも、今残念だね。奥さんになったことは幸せでしょう。
答:幸せかどうか知らない。結婚してから、もうくノ一じゃないで、普通な人になっている。でも、主人はほかの愛人がいたら、そんな女の人はくノ一になるのより苦しい。まだくノ一だったら、幸せだったかもしれないよ。

以上は偽りです。全て読んでありがとうございました。

No comments: